innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
ITEM2022キヤノンメディカル

RSNA2018 キヤノンメディカルシステムズ - X-ray AlphenixとAquilion ONE / GENESIS Editionを組み合わせたAngio-CTシステムを発表

2018-11-27

X-rayのメッセージは“Optimized workflow. Made possible.”

X-rayのメッセージは
“Optimized workflow. Made possible.”

RSNA 2018 X-ray

Canon USA Inc.(キヤノンメディカルシステムズ)のX線撮影装置のコーナーでは,ITEM 2018で発表された新しいAngioシステムである「Alphenix」を,320列の「Aquilion ONE /GENESIS Edition」と組み合わせたAngio-CTシステム(海外での販売名はAlphenix 4D CT)として大きくアピールした。
Alphenixシリーズは,デジタル画像処理エンジンを一新し,ダイナミックレンジを従来機種から16倍拡大することで,白飛びや画像欠損を抑えた高画質のX線画像を提供する。また,操作性についてはタッチパネル式操作卓(Alphenix Tablet)によって,検査室内でモニタの画像切り替え,オートアングルの設定ができるほか,ワークステーションの操作も可能で,術者や診療放射線技師が操作室に移ることなく,スムーズな操作を可能にする。さらに,Alphenixでは寝台がチルト式になっており,効率的な手技をサポートする。
RSNA 2018で提案されたAngio-CTシステムは,天井走行式でダブルアームの「Alphenix Sky+」とAquilion ONE /GENESIS Editionの組み合わせ。CT装置が,従来のAquilion ONE / ViSION Editionから変わったことで,PUREViSION Opticsの搭載により低線量で低ノイズ,低アーチファクトの画像が得られる。16cmの広範囲撮影が可能で,さらに,ガントリがチルトできることで16cm以上の撮像範囲を設定でき,頭部や胸部での広範囲撮影が可能になる。また,ガントリがコンパクト(Aquilion64相当)になっており,高性能なAngio-CTシステムながら狭い部屋にも設置可能になっていることもポイントだ。この組み合わせのAngio-CTシステムは,RSNA 2018での発表を皮切りに,国内でも販売を展開していく。

CTにAquilion ONE / GENESIS Editionを組み合わせて高精細,低被ばくの手技が可能

CTにAquilion ONE / GENESIS Editionを組み合わせて高精細,低被ばくの手技が可能

 

Alphenixの天井走行式ダブルアーム“Alphenix Sky+”

Alphenixの天井走行式ダブルアーム“Alphenix Sky+”

 

検査室内での操作を可能にするAlphenix Tablet

検査室内での操作を可能にするAlphenix Tablet

 

また,多目的デジタルX線TVシステム「Ultimax-i」は,Cアームを搭載し多方向からの観察を可能にするX線TVシステム。すでに国内外で多くの導入実績があるが,RSNA 2018では2017年から国内では搭載されている新たな高画質・低線量コンセプトである“octave”について紹介した。octaveは,多重解像度SNRFやデジタル補償フィルタ(DCF)など,高画質・低線量検査のための最新技術を適用することで,従来から最大65%の被ばく低減を実現している。画像解像度補正に逐次近似法(Iterative Reconstruction:IR)を利用することで,鮮鋭度の高い画像を提供できる。展示では,octaveを適用した画像をワークステーションで表示し来場者に供覧した。

多目的デジタルX線TVシステム「Ultimax-i」

多目的デジタルX線TVシステム「Ultimax-i」

 

最大65%の被ばくを低減するoctaveの画像をアピール

最大65%の被ばくを低減するoctaveの画像をアピール


キヤノンメディカルシステムズ