innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
  • 2021 Hi Advanced MR Webセミナー
  • RSNA2019 コニカミノルタ - X-ray デジタルX線動画撮影システムをFDAに申請,より充実したラインアップを構築

    2019-12-5

    X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」。横隔膜の動きを自動認識し,グラフ表示することが可能(左上。グラフは別画面で表示)。さらに,呼吸や血管の拍動に伴う肺組織の動きをとらえ,表現できる。

    X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」。
    横隔膜の動きを自動認識し,グラフ表示することが可能
    (左上。グラフは別画面で表示)。さらに,呼吸や血管の
    拍動に伴う肺組織の動きをとらえ,表現できる。

    RSNA 2019 X-ray

    Konica Minolta Healthcare Americas, Inc.(コニカミノルタ)は,X線領域の展示の目玉として,現在FDAに申請中のデジタルX線動画撮影システムを紹介した。日本国内では,X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」とワイヤレスDR「AeroDR fine」(米国での販売名「AeroDR HD」),島津社製の診断用一般X線撮影装置「RADspeed Pro」で構成されたシステムとして,2018年11月に提供を開始。COPDなどの呼吸器疾患を中心に活用されている。

    KINOSISは,秒間15フレームのパルス照射を行い,コマ撮りした画像を連続表示することで動画を作成する。また,横隔膜などの構造物の動きを数値化し,グラフ表示させることが可能である。動きの定量化により,疾患の症状や機能評価に新たな指標をもたらすことが期待される。米国では,ワークステーション単体ではすでにFDA承認を取得。さらに,2015年に買収したViztek社のUアーム型X線撮影装置「KDR AU System」やAeroDR HDと組み合わせたX線動画撮影システムとしてFDAに申請中で,主に整形外科領域で展開していく。

    X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」。横隔膜の動きを自動認識し,グラフ表示することが可能(左上。グラフは別画面で表示)。さらに,呼吸や血管の拍動に伴う肺組織の動きを捉え,表現できる。

    X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」。横隔膜の動きを自動認識し,グラフ表示することが可能(左上。グラフは別画面で表示)。さらに,呼吸や血管の拍動に伴う肺組織の動きを捉え,表現できる。

     

    X線動画解析ワークステーションを搭載するUアーム型X線撮影装置「KDR AU System」

    X線動画解析ワークステーションを搭載するUアーム型X線撮影装置「KDR AU System」

     

    X線動画撮影システムの表示画面(FDA申請中)

    X線動画撮影システムの表示画面(FDA申請中)

     

    [AeroDR HD」(日本での販売名「AeroDR fine」)のラインアップ。X線動画撮影システムに対応するのは14インチ×17インチ,17インチ×17インチの2サイズ。

    「AeroDR HD」(日本での販売名「AeroDR fine」)のラインアップ。X線画撮影システムに対応するのは14インチ×17インチ,17インチ×17インチの2サイズ。

     

    そのほかに,足部用X線撮影装置や動物用X線撮影装置なども展示され,充実したラインアップがアピールされた。足部用X線撮影装置はViztek社の子会社であった20/20 Imaging社が米国でクリニック向けに展開しているもので,10インチ×10インチのAeroDR(この場合の製品名は「MOMENTUM DR」)を搭載している。また欧米では,撮影室全体をプランニングした上で装置を導入するケースが多く,コニカミノルタでは,AeroDRを核に新たなソフトウエアを搭載し,幅広いポートフォリオを整え,展開していく。

    20/20 Imaging社の足部用X線撮影装置

    20/20 Imaging社の足部用X線撮影装置

     

    「AeroDR HD」(この場合の製品名は「MOMENTUM DR」)を搭載

    「AeroDR HD」(この場合の製品名は「MOMENTUM DR」)を搭載


    キヤノンメディカルシステムズ