IMC-125

キヤノンメディカルシステムズ

X線移動型撮影装置 デジタル(FPD・CR)/ アナログ(F/S)

どこへでも駆けつける,軽快なそのフットワーク。撮影に専念できる,その操作性。
回診用X線装置の基準を,ここに集約しました。

IMC-125
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

視界を遮らないラウンドシェイプのボディデザイン。前方の障害物を簡単に視認でき,移動の際の安全確認が容易に行える・・・高性能をこのフォルムに収め,患者さんにも術者にも優しくデザインいたしました。

メーカーページへ

特長<1>
人に優しいデザイン
患者さんへの精神的な負担を軽減するため,装置デザインに拘りました。
アームや装置本体にカーブを持たせ,圧迫感を感じさせないデザインです。

人に優しいデザイン

 

特長<2>
機動性を重視
コンパクトな回診用X線装置です。機動性に優れ,院内のどこへでもスムースに移動できます。

 

特長<3>
全高約1.2mの良好視界
移動時の全高はわずか約1.2m。前方確認が容易です。さらにバッテリ内蔵型なのでX線撮影時は電源も必要とせず,撮影時の煩わしさを解消しています。

全高約1.2mの良好視界

 

特長<4>
楽々アプローチ
支持アームの長さは約1.2m。これにより,ベッドサイドからの近接性が一段と高まっています。

楽々アプローチ

 

特長<5>
簡単セッティング
各アームの動きはスムースかつ正確。撮影時の位置決めも迅速に行えます。さらに,コンパクトな本体には,半切カセッテ10枚を収納できるカセッテボックスを装備しています。

簡単セッティング

 

特長<6>
インバータ方式&半導体制御
X線発生方式にインバータを採用しているので,安定した高線量率の撮影が行えます。また,X線制御はすべて半導体制御なので,より正確な制御を実現しています。

インバータ方式&半導体制御

・装置本体(台車,アーム,支柱,カセッテボックスなど)
・X線発生器
・可動絞り
・赤外線リモコンスイッチ

1. 撮影定格
  ・最大管電圧 125kV
  ・最大管電流時間積 100mAs
  ・最大管電流 400mA
2. 機構部
  ・垂直方向 床面より焦点位置まで約580~2000mm
  ・水平方向 支柱中心より焦点位置まで約1200mm
  ・旋回角度 支柱中心からの水平方向左右約90°
  ・X線発生器の首振り 前後約145° 左右±約180°
  ・X線可動絞りの回転 360°
  ・支柱上下ストローク 約400mm
  ・カセッテ収納枚数 半切カセッテ10枚
3. 外形寸法および質量
  ・奥行 1070mm
  ・幅   600mm
  ・高さ 1250mm(収納時)
  ・質量  250kg

東芝メディカルシステムズは日本国内随一の地域密着型サービスネットワークを有しています。北海道北見市から沖縄那覇まで,全国を網羅する69か所のサービス拠点,3か所のパーツセンター,約1,000名のハイスキルなカスタマーエンジニアがお客様の問題解決に取り組んでいます。

 
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
栃木県大田原市下石上1385番地
TEL 0287-26-5100
https://jp.medical.canon
担当部署:広報室


製品ラインナップ

X線移動型撮影装置 デジタル(FPD・CR)/ アナログ(F/S)

Mobirex

Mobirex

X線移動型撮影装置 デジタル(FPD・CR)/ アナログ(F/S)

IMC-125

IMC-125

X線移動型撮影装置 デジタル(FPD・CR)/ アナログ(F/S)

IPF-21N

IPF-21N
TOP