GCA-9300R

キヤノンメディカルシステムズ

SPECT

頭部検査と心臓検査において最高画質を追求した三検出器型SPECT装置

GCA-9300R
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

GCA-9300Rは,核医学検査の中でも検査需要の高い頭部検査および心臓検査に最適化した当社独自の三検出器型SPECT装置です。これまで画質において高い評価を得てきたGCA-9300A*の基本コンセプトを受け継ぎながら,よりいっそうの高画質,短時間データ収集,操作性向上を目指しました。
 *:GCA-9300Aは,弊社が1989年に販売を開始し,北米核医学会SNM(1990)にてImage of the yearを受賞,2003年に販売を終了した装置で,20年以上にわたり国内の各所で頭部SPECT検査や心筋SPECT検査でご愛顧いただいている三検出器型SPECT装置です。

メーカーページへ

特長<1>
独自のコリメータによる高画質の実現
データ収集の効率を指す感度と空間分解能は,コリメータを設計する上でトレードオフの関係にあります。頭部用ファンビームコリメータは,その特殊な構造により感度と空間分解能を同時に向上させることができ,さらに脳の深部情報をより明瞭に描画することができます。また,心臓検査で使用されるTl-201,Tc-99m,I-123の核種に対応した低中エネルギー汎用パラレルホールコリメータは,感度と分解能のバランスを追求するとともに,高エネルギー側からのペネトレーションを抑え,コントラストのよい画像を提供します。

独自のコリメータによる高画質の実現

 

独自のコリメータによる高画質の実現

 

特長<2>
3つの検出器と最新の画像処理技術により検査時間の短縮を実現
SPECT画像を得るためには検出器を360°回転させる必要がありますが,汎用2検出器型装置は検出器を180°回転させるのに対し,GCA-9300Rでは120°回転するだけとなるので,効率良くデータ収集することができます。従来15分かかっていた検査に対して10分に短縮しても,同等の画質が得られ短時間化できます。また,コリメータ開口補正を用いた画像コントラストの向上により,検査時間のさらなる短縮が期待できます。

3つの検出器と最新の画像処理技術により検査時間の短縮を実現

 

特長<3>
専用機ならではの良好な操作性を実現
最高画質のSPECT画像を実現すべく,専用機ならではの設計を行いました。たとえば,頭部SPECT検査においては,ヘッドドームを装備できます。これにより被検者と検出器の接触を回避し,安心・安全,迅速に検査が実施できます。また,上下動可能なヘッドレストや,投光器により被検者の状態に応じたセッティングが可能です。

専用機ならではの良好な操作性を実現

 

特長<4>
専用のアプリケーションも豊富
SPECT画像と他のモダリティの診断画像をフュージョンする「Mirada Fusion」は,ワンクリック数秒で精度良く自動で位置あわせして融合画像を表示します。
また,心筋SPECT画像と冠動脈CT画像を3D表示でフュージョンする「NM Cardiac Fusion」は虚血領域の判定にはもちろん,患者様への説明にも有用です。
*Mirada FusionとNM Cardiac Fusionはオプションです。

Mirada Fusion

Mirada Fusion

 

NM Cardiac Fusion

NM Cardiac Fusion

・ガントリ
・寝台
・コリメータおよびコリメータ交換台車
・収集コンソール部
・処理ワークステーション
・その他

詳細については営業・サービス担当者へお問い合わせください。

詳細については営業・サービス担当者へお問い合わせください。

詳細については営業・サービス担当者へお問い合わせください。

使用状況に応じて,さまざまなメンテナンスプランをご用意しております。
詳細については営業・サービス担当者へお問い合わせください。

 
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
栃木県大田原市下石上1385番地
TEL 0287-26-5100
https://jp.medical.canon
担当部署:広報室


TOP