汎用X線透視診断装置 CUREVISTA Open

富士フイルムヘルスケア

X線TVシステム / X線多目的撮影装置 デジタル(FPD)

真価,さらに進化。

CUREVISTA Open
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

X線透視システムの未来に,そう大きな変化は訪れない。
誰もがそう思っていたのではないでしょうか。でも私たちが出した答えは,Noです。
なぜなら,もっとこうであればいいのに,なぜ,そうならないのだろう……という声は,
検査室では常に聞かれていたからです。
誰もがあきらめかけていた進化を,私たちの手で動かしたい――
そのために検査室の「声」に耳を傾け,導き出した解。
CUREVISTA Openから再び動き出します。

メーカーページへ

特長<1>
ヒヤリ! からの解放。
2 WAY ARM / 2方向アーム(縦・横)
たて・よこ・ななめ,映像系機構 (X線管・FPD)がテーブル上を自由自在に動きます。視野移動のための天板移動で,もう被検者を動かす必要はありません。検査・手技に集中したい術者のためのリスク低減ソリューションをいまここに。

2 WAY ARM / 2方向アーム(縦・横)

 

特長<2>
右からでも,左からでも。
Symmetric Design / 左右対称デザイン
シンメトリー構造の採用と幅広いスキャニングエリアにより,テーブルの上端・下端ともにFPDまでの距離は9.8cm。カラダを自由に動かしにくい被検者の体位やテーブル端で手技をする術者の姿勢に考慮した構造です。もっと近くで,もっと楽に。

Symmetric Design / 左右対称デザイン

 

特長<3>
低被ばく。さらに半分。
IntelliFRAME / フレーム補間処理
透視パルスレートを1/2(被ばく線量半分)に設定しても,2倍のフレームレートでなめらか表示。高い動画性能が求められる胃部造影,長時間を要するERCPの検査・治療 ,そして特に低被ばくが求められる小児の検査などのさまざまなシーンで被ばく線量を半分に。より少なく,よりなめらかに。

IntelliFRAME / フレーム補間処理

 

特長<4>
意のままに絞ろう。
IntelliSHUTTER / 4辺独立コリメーター
「上・下・左・右」,4つの羽根は独立可動のため,テーブル端での検査がしやすくなります。泌尿器科の膀胱造影では上半分。整形外科の肩関節造影では左半分。絞り操作は意のままに。

IntelliSHUTTER / 4辺独立コリメーター

 

特長<5>
標的を逃さない。
TARGET / 局所動体追従型残像低減処理
画像の局所的な動きをとらえ,低残像な透視画像を提供します。ピクセル単位で動きベクトルを算出する「オプティカルフロー」により,透視画像内の対象物の動きを的確に追従します。これにより,時間フィルターによる効果的なノイズ低減と残像抑制を同時に実現しています。

 

特長<6>
見えないから,視える驚き。
WOW / 背景部減衰処理
透視下でガイドワイヤーなどのデバイスを浮き出して見やすくします。背景部に減衰処理を施すことで,椎体に重なるデバイスの視認性が向上します。 VISTABRAINが提供する新たな透視のカタチです。

・透視撮影台装置
 SECURETABLE(完全固定シンメトリーワイドテーブル)
 2WAY ARM(2方向[縦・横]移動アーム)
 高出力高冷却X線管
 コリメーター
 VISTAPANEL(Flat Panel Detector)
 ハンドグリップ(左右)
 ショルダーパッド(左右)
 フットレスト
・X線高電圧装置(IntelliCUT(波尾カット)搭載)
・遠隔操作装置
 VISTACOCKPIT(遠隔コントロール)
 高輝度カラーディスプレイ
・画像処理装置
 VISTABRAIN(GPU搭載型高速画像処理エンジン)

■透視撮影台装置 SECURETABLE
(完全固定シンメトリー
ワイドテーブル)
最大許容荷重 320㎏(水平静止時)
テーブルトップサイズ 220cm ×80cm
テーブルトップ高さ 48cm~120cm
透視撮影台装置奥行 192cm
 2WAY ARM
(2方向[縦・横]移動アーム)
縦移動範囲 最大158㎝
横移動範囲 最大+11.2㎝~-11.2㎝
テーブル上端~FPD端(水平時) 9.8㎝
テーブル下端~FPD端(水平時) 9.8㎝
VISTAPANEL
(Flat Panel Detector)
ピクセルサイズ 148μm
■X線高電圧装置   公称最大出力 50kW
■遠隔操作装置 VISTACOCKPIT
(遠隔コントローラー)
& 高輝度カラーディスプレイ
表示サイズ 19inch(1280×1024)
■画像処理装置 VISTABRAIN
(新世代画像処理エンジン)
プロセッサー GPU

・VISTACOCKPIT(近接コントローラー)
・ディスプレーカート(19inch×2+指向性マイク+カート)
・電動ショルダーパッド(左右)
・SECURELIGHT(手技用スポットライト)
・SECURECAMERA(被検者監視カメラ)
ANGIOVIEW(DSAアプリ)
PanoramaVIEW(IR搭載スロットラジオグラフィアプリ)
TomoVIEW(IR搭載トモシンセシスアプリ)
・VISTARECORDER(医用HDレコーディングシステム)

(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・全国に配置されたサービス拠点やサービスセンターとの連動
・各種の保守メニューを用意し,お客様の要望に対応できる体制でサポート致します。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
富士フイルムヘルスケア株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂九丁目7番3号
https://www.fujifilm.com/fhc


製品ラインナップ

X線TVシステム / X線多目的撮影装置 デジタル(FPD)

汎用X線透視診断装置 CUREVISTA Open

CUREVISTA Open

X線多目的撮影装置 デジタル(FPD)

多目的イメージングシステム VersiFlex VISTA

多目的イメージングシステム VersiFlex VISTA

X線TVシステム デジタル(FPD)

X線透視診断装置 DIAVISTA Luce

X線透視診断装置 DIAVISTA Luce

X線TVシステム デジタル(FPD)

胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT

胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT
TOP