超音波血流計DVM-4500

日本光電工業

超音波血流計

脳神経外科における脳動脈クリッピング術の血流確認に

超音波血流計DVM-4500
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

超音波血流計DVM-4500は超音波を利用し血流速度を測定します。脳血管や四肢等の各部位の動・静脈血流を簡便に測定できます。また,極細プローブを使用することで,手術中の狭い術野での血管へのアクセスも容易です。

メーカーページへ

特長<1>
10インチ大型カラー液晶ディスプレイに順・逆血流波形を見やすく表示し,タッチパネルによる直感的な操作をサポート。

タッチパネル

 

特長<2>
血流速に加えて血管径(0.1mm~20mm)を入力することで血流量も算出可能。

 

特長<3>
内部メモリーへの保存(30件)に加え,USBフラッシュメモリを接続することで,PDF/DICOMファイルを出力可能。

 

特長<4>
オプションの専用ソフトウエアSmart-V-Linkを使用することで,PCでのデータ管理も可能。

 

特長<5>
4,5,8,10,20MHzのプローブが付け替え可能。

 

特長<6>
0.8mm・1.2mm(20MHz),2mm(10MHz)の顕微鏡下用プローブは脳神経外科や血管吻合等の手術時の狭い術野での血流計測,血流確認に最適。

プローブ

・本体(電源ケーブル等含む)
・プローブ(オプション)

・測定方式:超音波ドプラ方式
・測定画面:TFTカラーLCD,10.4インチ
・電源:AC100V 18VA
・寸法・質量:幅300×高さ244×奥行き167(mm)・約2.7kg(ACアダプタ含む)

・各種プローブ
・Smart-V-Link(データ管理用専用ソフトウェア)
・ヘッドホン

・1年保証

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
日本光電工業株式会社
東京都新宿区西落合1-31-4
TEL 03-5996-8000(代表)
http://www.nihonkohden.co.jp
担当部署:商品事業本部 検査機器部


TOP