RaySafe 452

アンフォースレイセイフ

サーベイメータ

One device. Endless possibilities.

RaySafe 452
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

『RaySafe 452』は,エネルギー補償されたパンケーキ型GM管と半導体検出器の2つの測定方式を組み合わせたまったく新しいサーベイメータです。2つの測定方式を使うことにより,フラットかつ広いエネルギーレスポンスを持ち,1台で様々な測定対象を測定することが可能になっています。

メーカーページへ

『RaySafe 452』は,測定対象によって『RaySafe 452』 『RaySafe 452 Ambient』『RaySafe 452 Air Kerma』の3モデルがあり,最上位モデルの『RaySafe 452』では,空気カーマ・周辺線量当量・GM管を用いたα線・β線の放射性核種の検出にも用いることができます。(測定単位はSv,rem,R,Gy,cps,cpm)

RaySafe 452

 

『RaySafe 452』は,既存の電離箱式サーベイメータに比べて管理・保管が容易で,飛行機などでの輸送に特段の注意を払う必要がありません。IP64にも準拠しているので,屋外のような環境でも特段の注意を払うことなく使用可能です。

IP64

 

暗い場所から明るい場所まで視認性の高い大型ディスプレイには,測定パラメータのリアルタイムの線量率・累積線量・平均エネルギー(20μSv/h以上)・ピーク線量率を同時に表示し,作業効率の向上に寄与しています。

大型ディスプレイ

『RaySafe 452(最上位モデル)』
・RaySafe 452本体
・Lid(Ambient用,Air Kerma用)
・電源アダプタ
・5m USBケーブル
・ユーザマニュアル
・校正証明書

測定エネルギー範囲:16keV - 7MeV(周辺線量当量(H*(10)))30 keV – 7 MeV(空気カーマ,(Kair))
測定線量率範囲:0 µSv/h – 1 Sv/h(周辺線量当量(H*(10)))0 µGy/h – 1 Gy/h(空気カーマ,(Kair))0 cps – 20 kcps(GMカウンター動作)
線量率分解能:0.01 µSv/h(周辺線量当量(H*(10)))0.01 µGy/h(空気カーマ,(Kair))【カウンターレート分解能 0.1cps (GMカウンター動作)
線量分解能:0.1 nSv(周辺線量当量(H*(10)))0.1 nGy (空気カーマ,(Kair))
測定可能単位:Gy,rad,R,Sv,rem,cps,cpm
サイズ:250 × 127 × 83 mm
重量:0.8 kg

『RaySafe 452 Ambient』,『RaySafe 452 Air Kerma』は,どちらも最上位モデル『RaySafe 452』にアップグレード可能

『RaySafe View』
PC上で測定した線量データの解析・エクスポートを簡単に実施することが可能。測定データの精確なマネジメントに貢献。

通常の校正に加えて,通常使用での機器破損・消耗劣化故障などの保証に校正費用も含めたSP(サービスプログラム)も用意

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
アンフォースレイセイフ株式会社
〒108-6106 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟6階
TEL 03-6714-3033  FAX 03-6714-3115
infojapan@raysafe.com
www.raysafe.com


TOP