Mobius3D(非医療機器)

バリアン メディカル システムズ

放射線治療周辺機器

高精度放射線治療に求められる品質管理を包括的なプラットフォームで実施できるソフトウェアです。

Mobius3D
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

Mobius3Dは,あらかじめビームデータを搭載しており,放射線治療計画の独立線量検証,リニアックのログファイルを用いたIMRT線量検証およびCBCTを使用した位置照合・線量計算を実施します。線量計算アルゴリズムにCCCS(Collapsed Cone Convolution/Superposition)を採用し,GPU(Graphics Processing Unit)を使用して計算時間の短縮を図っています。検証に使用するデータの取り込みから,線量計算,解析まで自動的に実施し,ウェブブラウザによるアクセスのため,効率的なワークフローを提供します。Mobius Verification Phantom(MVP)はシームレスに統合され,測定による線量検証を可能にします。DoseLabによるAutoQAの結果を同一プラットフォームで確認できます。

メーカーページへ

特長<1>
患者QAのための包括的なプラットフォーム
Mobius3Dには,Plan QA,照射,CBCTのQA用モジュールが含まれており,5層のエラー検出機能を備えています。

患者QAのための包括的なプラットフォーム

 

特長<2>
3次元治療計画の独立線量検証
放射線治療計画装置から独立したビームデータを使用し,線量計算を実施します。線量計算アルゴリズムCCCSをGPUの使用により高速化しています。

3次元治療計画の独立線量検証

 

特長<3>
リニアックのログファイルを使用したIMRT線量検証
リニアックのログファイルを使用して治療計画CT画像上に線量分布を計算します。

リニアックのログファイルを使用したIMRT線量検証

 

特長<4>
CBCT画像を使用した定量的解析
治療計画CT画像とCBCT画像を密度に変換し,ガンマ解析を実施します。また,CBCT画像を使用して線量計算を行い,治療時の患者の位置および体形を考慮した線量分布を表示します。

CBCT画像を使用した定量的解析

 

特長<5>
マシンQAソフトウェアDoseLabとのシームレスな接続
DoseLabは米国医学物理学会タスクグループ142に準拠したリニアックの品質管理ソフトウェアです。Mobius3Dと同一のプラットフォームからAutoQAの結果を確認できます。

マシンQAソフトウェアDoseLabとのシームレスな接続

詳細は,当社営業担当者にお問い合わせください。

詳細は,当社営業担当者にお問い合わせください。

詳細は,当社営業担当者にお問い合わせください。

詳細は,当社営業担当者にお問い合わせください。

詳細は,当社営業担当者にお問い合わせください。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社バリアン メディカル システムズ
東京都中央区日本橋兜町5番1号
TEL 03-4486-5020
http://www.varian.com/ja
担当部署:マーケティング部
メールアドレス:jp-marketing@varian.com
※お問い合わせはメールにてお願いいたします。


製品ラインナップ

放射線治療計画システム

Eclipse

Eclipse

治療計画支援システム

Velocity

Velocity

放射線治療情報システム

ARIA OIS

ARIA OIS

放射線治療周辺機器

Mobius3D(非医療機器)

Mobius3D

放射線治療周辺機器

DoseLab(非医療機器)

DoseLab
TOP