Brainlab®Elements
Elements Multiple Brain Mets SRS,Elements Cranial SRS,Elements Spine SRS

ブレインラボ

高精度放射線治療

頭部・脊椎に対する定位放射線治療のベストプラクティスを反映して開発された,専用ソフトウェア

Brainlab Elements
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

Elementsは,頭部・脊椎に対する定位放射線治療専用に開発されたソフトウェアです。
単発・多発性転移性脳腫瘍の治療では,病巣数が多い場合でも単一のアイソセンターで治療計画可能なElements Multiple Brain Mets SRS,良性/悪性脳腫瘍や血管奇形の治療では,4π(パイ)最適化法とVMATを用いたElements Cranial SRS,脊椎腫瘍の定位放射線治療では,VMATを用いたElements Spine SRSをご用意しております。
Elementsは定位放射線治療のベストプラクティスを反映し,複雑な治療計画ワークフローを標準化・自動化することで,専用治療計画システムとしての使いやすさを追求しています。
その最新機能を常にご利用いただけるように,従来の買い切り方式に加え,サブスクリプション方式を新たに導入しました。

メーカーページへ

製品<1> Elements Multiple Brain Mets SRS
単一のアイソセンターで単発/多発性転移性脳腫瘍の治療を行うことで,病巣数が多い場合でも定位放射線治療を選択することが可能となります。

Elements Multiple Brain Mets SRS

 

製品<2> Elements Cranial SRS
Elements Cranial SRSは,頭部の定位放射線治療に特化し,VMAT(強度変調回転放射線治療)を用いて治療計画のプロセスを最適化した効率的な治療計画ソフトウェアです。(適応症例: 大型の転移性脳腫瘍,神経膠腫,下垂体腺腫,髄膜種,聴神経腫瘍,AVMなど)
頭蓋内のリスク臓器(OAR)を自動検出でき,4π(パイ)最適化アルゴリズムがアークの照射軌道を最適化します。

Elements Cranial SRS

 

製品<3> Elements Spine SRS
Elements Spine SRSは,転移性脊椎腫瘍に対する体幹部定位放射線治療に特化し,VMAT(強度変調回転放射線治療)を用いた包括的な治療計画ソフトウェアです。脊椎の弯曲補正,国際的ガイドライン*に準拠してGTV からCTV を自動的に描出,PTV への線量投与とOAR の保護を両立する標的定義機能を備えています。

Elements Spine SRS

 

*International Spine Radiosurgery Consortium Consensus Guidelines

<1> Elementsプレプラン二ングソフトウェア
  -ビューワー3D
  -イメージフュージョン
  -スマートブラシ
  -セグメンテーション クラニアル
  -オブジェクトマニピュレーション

<2>Elements線量計算ソフトウェア(選択可能)
  -Multiple Brain Mets SRS
  -Cranial SRS
  -Spine SRS

<3>ワークステーション

※詳細は,弊社営業担当者までお問い合わせください。

Elements オプションソフトウェア
    -ファイバートラッキング
    -スマートブラシ アンギオ
※詳細は,弊社営業担当者までお問い合わせください。

-サブスクリプションによる期限付きライセンスの提供
-Brainlab Connected Careによるリモートサポート(テクニカルサポート,臨床トレーニング等)

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
ブレインラボ株式会社 
TEL 03-3769-6900
brainlab.com/ja/
担当部署:放射線治療ビジネス部
メールアドレス:jp_sales@brainlab.com


製造販売元:ブレインラボ株式会社
販売名:エレメント(医療機器承認番号:30100BZX00108000)
販売名:エグザクトラック(医療機器承認番号:22200BZX00108000)
TOP