乳腺バイオプシー装置 Affirm® Prone Biopsy System

ホロジックジャパン

乳腺バイオプシー装置

FPD搭載の腹臥位式マンモグラフィガイド下バイオプシーシステム。

乳腺バイオプシー装置 Affirm Prone Biopsy System
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

本装置は,3D™(トモシンセシス)ガイド下バイオプシー検査が行えます。
3D™ガイド下バイオプシー検査ではトモシンセシス画像を用いたターゲティングで位置計算が可能となり,検査ワークフローの改善が見込めます。また,腹臥位で専用パッドの開口部から乳房を下垂させ,テーブル下でバイオプシーを行うことができるため,安定した体勢で検査を進めることができます。被検者には生検針が見えないため,心理的負担を軽減します。座位に比べて気分不良等による転倒リスクがないため,適切に検査を実施可能です。バイオプシー用の圧迫板は4種類取り揃えており,被検者の体格や病変位置に合わせて選択できます。テーブルは昇降可能なため,広いワークスペースを確保でき,術者は椅子に座った状態で検査が可能です。

メーカーページへ

●高精細FPDを搭載
ピクセルサイズ70μmのFPDを搭載し,FFDMシステムと同等の画質でターゲティングが可能です。

 

●360度アクセス可能
Cアームは180°回転します。テーブル中央にある開口部を使って被検者が頭足方向を入れ替えることにより,多様な角度から乳房へのアプローチが可能。生検困難な位置にある病変にも柔軟に対応できることとなります。

 

●安全な操作
操作卓ではターゲット選択時に生検針とターゲットの位置関係をグラフィック表示し,適切な検査が実施可能かの判断をサポートします。使用する生検針を全て登録し,検査時にはターゲットに合わせた選択ができます。

 

●針の位置をリアルタイムで表示
座標位置と合わせて,生検針とターゲットの位置関係を視覚化。本体側にリアルタイムで表示されます。穿刺後も,針とターゲットの位置関係が随時確認できます。

 

●トモバイオプシー
淡い微細な石灰化に加えて,トモシンセシスのみで確認可能だった病変にもターゲティングが行えます。2D単独に比べて撮影回数が減るため,被ばく量の軽減および検査時間の短縮が実現しました。

 

●ワンクリックターゲティング機能
トモシンセシスのキースライス画像からワンクリックで3次元座標を確定できます。ターゲティングが簡単に行えるため,操作時間が短縮されます。

詳細については,当社営業担当者へお問合せ下さい。

詳細については,当社営業担当者へお問合せ下さい。

詳細については,営業・サービス担当者へお問合せ下さい。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
ホロジックジャパン株式会社
ブレスト&スケルタルヘルス ソリューションズ事業部
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-25 日教販ビル
TEL 03-5804-2340(代表)FAX 03-5804-2321
http://hologic.co.jp/
JPbreast@hologic.com


販売名:乳腺バイオプシー装置 Affirm Prone Biopsy System
認証番号:229ABBZX00022000
TOP