AeroDR STITCHING SOLUTION(OneShot長尺システム)

コニカミノルタジャパン

X線一般撮影装置 デジタル(FPD)

長尺撮影ワークフローを大きく変える,
1ショットで長尺撮影が可能なAeroDR

AeroDR STITCHING SOLUTION(OneShot長尺システム)
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

CsIシンチレータにより「高画質・低被曝」を両立するAeroDR。AeroDRを複数枚組合せることにより,従来からニーズの多い1ショットでの長尺撮影を実現。また,体格の大きな患者様でも十分にカバー可能な,17x48インチと大きな撮影領域に対応しています。

メーカーページへ

特長<1>
立位長尺・臥位長尺の両方に対応
前面のパネルホルダは取り外し可能となっており,テーブルトップなど自由な場所に移動させることが可能です。立位・臥位撮影共に1ショットでの撮影をご提案します。

立位長尺・臥位長尺の両方に対応

 

 

特長<2>
一般撮影とのパネルシェア
1417サイズ,もしくは1717サイズのAeroDRパネル同士を組み合わせて,使用する長尺システムのため,普段は通常の立位・臥位撮影台で使用しているパネルを必要なときに移動させて撮影することができます。そのため,長尺専用のシステム投資にならず,導入するパネル数を最適化し,また万が一のバックアップ可能なシステム構築が可能です。

一般撮影とのパネルシェア

 

特長<3>
患者様に優しい設計
1ショットでの撮影が可能となり,患者様の拘束時間を短縮。さらに,自然な体位での撮影が求められる中,体の曲がった患者様の撮影にも対応しやすいよう受像部の回転機構を設けました。*¹また,受像領域の最低位は65mm。自立困難な患者様に対しても段差の低いステップの使用にとどめられ,安心してお使いいただける設計になっています。
 *¹ オプション

患者様に優しい設計
患者様に優しい設計

 

特長<4>
高速プレビュー表示
曝射後,プレビュー画像の表示は約3秒*。分割画像毎の表示ではなく,結合された状態で表示するため,即座にポジショニング状態の確認が可能です。また,次撮影可能になるまでのタイミングもわずか約10秒*²と,正面側面撮影もスムーズに遷移可能,高速ワークフローを実現します。
*² 1417パネル×3枚構成(有線接続)の場合

高速プレビュー表示

・AeroDRパネル(1012サイズは対象外)
・立位長尺撮影台
・長尺グリッドホルダ

・シンチレータ CsI
・対応サイズ 14x48(1417パネル×3枚)
       17x48(1717パネル×3枚)
・有効画像領域 14x48:14x48.2inch(348.95x1225mm)
        17x48:17x48.2inch(424.90x1225mm)
・プレビュー表示 3秒以下(14x48/有線の場合,結合画像のプレビュー表示)
・有線無線対応 専用有線ケーブル運用/無線運用
・立位臥位対応 立位撮影,臥位撮影に対応

・握り棒オプション
・受像部回転機構
・臥位撮影用ポジショニングブロック

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
コニカミノルタジャパン株式会社
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング
TEL 03-6324-1080  FAX 03-3454-3216
http://www.konicaminolta.jp/healthcare/
担当部署:営業統括部 営業推進部 X線営業部


TOP