AeroDR PORTABLE SOLUTION(回診・ポータブル向け)

コニカミノルタジャパン

X線一般撮影装置 デジタル(FPD)

AeroSyncが実現するポータブル撮影の未来形。

AeroDR PORTABLE SOLUTION(回診・ポータブル向け)
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

FPDでX線撮影を実施する場合,X線の曝射タイミングとの同期を図る必要があるため,X線装置と曝射連動が必要です。しかしながら,移動型X線装置はX線信号の出力が出来ない仕様となっており,回診車装置のDR化は困難でした。コニカミノルタでは,X線発生装置との物理的な接続を不要とし,X線をパネル自身が感知することで自動的に画像の読取を行なうX線非連動技術「AeroSync」を開発しました。

メーカーページへ

特長<1>
X線自動検出技術「AeroSync」
AeroDRのパネル自身がX線を感知し,X線照射後自動で画像の読取を開始します。それによりX線発生装置との物理的な接続は不要となり,移動型X線装置など通常X線曝射連動を行うことのできない装置でもAeroDRをお使いいただけます。

X線自動検出技術「AeroSync」

 

特長<2>
ポータブル撮影シーンで活躍
AeroSyncの実現により様々なシーンでのAeroDR活用が可能となり,病棟,手術室,救急外来,ICUなどのポータブル撮影をDR化。複数枚のCRカセッテを持ち運ぶ必要があった従来とは異なり,持ち運ぶのはパネル1枚だけ。その場で瞬時に画像確認が可能です。

 

特長<3>
既存回診車を簡単にDR化
必要な基本構成は,AeroDR,AeroDR回診車UFユニット,CS-7 Portableのみ。これらを組み合わせる事で,既存回診車を簡単にDR化できます。回診車の台数に依存することのない載せ替え運用が可能です。

既存回診車を簡単にDR化

 

特長<4>
一般撮影室とのパネルシェア
AeroDRパネルをポータブル撮影用として限定して使用する必要はありません。一般撮影室とのパネル共用が可能なため,医療機関毎の運用形態やご予算に合わせて最適なレイアウトでご提案することができます。

一般撮影室とのパネルシェア

 

特長<5>
院内LANとの無線通信
制御するコンソールはタブレット型PCを採用し,新たにCS-7 Portableとしてラインナップ。院内LANとの無線通信も可能なため*¹,RIS,PACSとリアルタイムに連携する事ができます。
*¹院内無線LAN環境の整備が必要な場合があります。

院内LANとの無線通信

・AeroDR パネル
・画像診断ワークステーション CS-7 Portable
・その他周辺機器

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
コニカミノルタジャパン株式会社
ヘルスケアカンパニー  
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビル
TEL 03-6324-1080  FAX 03-3454-3216
http://www.konicaminolta.jp/healthcare/
担当部署:営業統括部 営業推進部 コーポレート営業部


TOP