全自動血球計数・免疫反応測定装置 MEK-1303 セルタックα+

日本光電工業

全自動血球計数・免疫反応測定装置

使いやすさが進化した一体型
白血球3分類を含む血液20項目とCRP定量を同時測定

全自動血球計数・免疫反応測定装置 MEK-1303 セルタックα+
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

日本光電はこの度,1回の血液吸引で白血球3分類を含む血液20項目(CBC)とC反応性蛋白(CRP)を同時に測定できる全自動血球計数・免疫反応測定装置 MEK-1303 セルタックα+(アルファ・プラス)を発売しました。
日本光電は,1972年の製品化以来45年以上にわたり,主に開業医向けに小型・低コストの血球計数器 セルタックシリーズを開発してきました。本製品は,セルタックシリーズにおいて初となる,血球計数器と免疫反応測定装置を1台にコンパクトにまとめた装置です。本製品の開発のコンセプトは「使いやすさが進化した一体型」であり,長年の開業医における血液検査の業務フローの研究から,操作性に関して日本光電独自の新しい機能を搭載しています。

メーカーページへ

特長<1>
採血管のキャップを取らないクローズドモード測定に対応
採血管のキャップを取らずにそのまま挿入して血液検査を実施するクローズドモード(キャップピアス)測定に対応。キャップを取らずに検査できるため,医療従事者の血液感染リスクを低減。

 

特長<2>
オープンモード測定時,約3分20秒の迅速測定を実現
CBC+CRPのオープンモード測定では,1検体あたり約3分20秒の迅速検査を実現。クローズドモード測定でも1検体あたり約3分40秒。検査業務の効率化や患者さんの待ち時間短縮に貢献。

 

特長<3>
DynaHelix Flow Technology™を搭載
上位機種である全自動血球計数器 MEK-9100 セルタックGから新たに採用した日本光電独自の血球計測技術 “DynaHelix Flow Technology(ダイナへリックス・フロー・テクノロジー)” を搭載。測定誤差の要因となる細胞のリエントリなどを抑制するための流体旋回処理技術を活用し,より精確な測定が可能。

 

特長<4>
Smart ColoRerun Assistを搭載
再測定が必要と思われる検査結果が表示された場合,測定結果の背景色を変更し,再測定を促す新機能 “Smart ColoRerun Assist(スマート・カラリラン・アシスト)” を搭載。血液量の確認や十分な攪拌等を促すことで,より正確かつ迅速な検査を実現。

 

特長<5>
キャピラリモード対応
本製品のキャピラリモードは,キャピラリに採取した血液を,キャピラリアダプタを介して装置内部に直接吸引。貴重な血液を無駄にしないため,血液採取量の確保が困難な新生児・小児の検査時に特に有用。

・本体
・リージェントラック YZ-008B7
・コンパクトプリンタ WA-130W
・ハンディバーコードリーダ ZK-130W

・測定項目 WBC,LY%,MO%,GR%,LY,MO,GR,RBC,HGB,HCT,MCV,
MCH,MCHC,RDW-CV,RDW-SD,PLT,PCT,MPV,PDW,P-LCR,CRP
・検出方式 血球数:電気抵抗検出方式
ヘモグロビン:比色法
ヘマトクリッット:RBCヒストグラムより算出
白血球分類:WBCヒストグラムにより算出
C反応性蛋白(CRP):ラテックス凝集免疫比濁法
・CRP測定範囲 0.1~20mg/dL(血清または血漿)
0.1~33mg/dL(全血 ※HCT値40%の場合)
・電源 AC100V 150VA以下
・寸法・質量 幅230×高428×奥行450mm(突起部含まず),約22kg

・+HbA1cライセンス QL-130W
・カードプリンタ WA-461V
・インクジェットプリンタ WA-131W
・SDメモリカード(当社指定品)

・サービス専任スタッフによるサービス
・修理業を取得したサービス網
・質の高いサービスを保証
お客様に代わって保守点検・修理を実施するシステムが“保守契約”です。保守契約はお客様のご希望に合わせて,自由にお選びいただけるようご用意しております。※各契約の詳細は担当地域の営業所へお問い合わせください。 

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
日本光電工業株式会社
東京都新宿区西落合1-31-4
TEL 03-5996-8000(代表)
https://www.nihonkohden.co.jp/


TOP