innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

RSNA2019 シーメンス - テーマ “Shaping the Future of Healthcare”をテーマにAI技術搭載製品などを披露

2019-12-2

Siemens Healthineersブース

Siemens Healthineersブース

RSNA 2019[1日目:12月1日]

ホールB(ノースビルディング)にブースを構えたSiemens Healthineers(シーメンス)は,“Shaping the Future of Healthcare”をテーマに掲げて,来場者を迎えた。今回の展示では,画像と治療の“digital transformation”として,人工知能(AI)などの技術を用いた,迅速な診断や患者ごとに最適化された意思決定を効率的に行うためのソリューションを披露した。

シーメンスは近年,AIの開発と製品への搭載を進めており,前回のRSNA 2018でも“AI-Rad Companion”を発表した。今回はさらに,従来の胸部CTに加えてアルゴリズムを拡大し,頭部MRIや前立腺がんのMRI生検,胸部単純X線写真(薬機法未承認)が追加された。また,CTでもAI技術を採用した“FAST 3D Camera”を搭載し,さらに,AIによる検査の自動化を図った「SOMATOM X.cite(エキサイト)」(薬機法未承認)を発表した。このほかにも,日本でも2019年11月に発表したばかりの「ARTIS icono(日本名:ARTIS icono D-spin)」が米国初披露となったほか,MRI,超音波,マンモグラフィ,核医学のカテゴリで新製品,新技術を来場者にアピールしていた。

アルゴリズムを拡充した“AI-Rad Companion”(薬機法未承認)

アルゴリズムを拡充した“AI-Rad Companion”(薬機法未承認)

 

“FAST 3D Camera”や“myExam Companion”により検査を自動化する「SOMATOM X.cite」(薬機法未承認)

“FAST 3D Camera”や“myExam Companion”により検査を自動化する
「SOMATOM X.cite」(薬機法未承認)

 

キャタピラを使用した独自の側面アームを持つ「ARTIS icono」

キャタピラを使用した独自の側面アームを持つ「ARTIS icono」

 

ポジショニングカメラを搭載し患者の動きを確認して撮影できるX線一般撮影装置「MULTIX Impact」(薬機法未承認)

ポジショニングカメラを搭載し患者の動きを確認して撮影できる
X線一般撮影装置「MULTIX Impact」(薬機法未承認)

 

最上位機種「ACUSON Sequoia」の技術を移植した新製品「ACUSON Redwood」(薬機法未承認)

最上位機種「ACUSON Sequoia」の技術を移植した新製品
「ACUSON Redwood」(薬機法未承認)

 

新たに“Whole Body Dymamic”という撮像モードを搭載した「Biograph Vision」

新たに“Whole Body Dymamic”という撮像モードを搭載した「Biograph Vision」

 

会場で,取材に対応した日本法人シーメンスヘルスケア代表取締役社長の森 秀顕氏は,「われわれは,顧客に信頼されるパートナーになることをめざしている。日本の病院経営は厳しい環境にあるが,顧客のパートナーとして,経営のサポートをしていきたい。これはシーメンスのイノベーションによる新製品,新技術でサポートすることはもちろん,ファイナンスやサービスの面でもソリューションを提供し,信頼を勝ち得たいと考えている」と,今後の日本市場での展開について語った。

顧客のパートナーとしてソリューションを提供すると述べる代表取締役社長の森 秀顕氏

顧客のパートナーとしてソリューションを提供すると述べる代表取締役社長の森 秀顕氏

【関連コンテンツ】

キヤノンメディカルシステムズ