Ultimax-i

キヤノンメディカルシステムズ

X線TVシステム/X線多目的 デジタル(FPD)

多方向からの観察を提供するCアームを搭載。新しいコンセプト「octave™」により,高画質・低線量検査を実現し,幅広いX線検査をサポートします。

Ultimax-i
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

CアームX線TVシステムUltimax-iは,しなやかな動きで多方向からの観察を提供するCアームと,17”×17”の 大視野FPDを搭載し,消化管内視鏡検査や血管造影検査など,幅広いX線検査をサポートします。さらに,新しい高画質・低線量検査コンセプト「octave™」により,従来より照射線量を約65%低減。パルス透視のフレームレートに関わらず,高画質と低線量の両立を高い次元で実現します。

メーカーページへ

特長<1>
全身を多方向から観察可能
頭部から足先まで全身をカバーする長手動/左右動ストロークと,スムーズにLAO/RAO,CRA/CAUの角度付けが可能なCアームにより,患者さんの体位変換を最小限にして多方向からの診断情報が得られます。また,検査によりアンダテーブルチューブとオーバテーブルチューブを切り替えて使用することで,検査効率の向上と術者被曝の低減を両立しました。

 

特長<2>
動態診断をサポート
透視自動記録機能により,透視画像を常時メモリに記録し,透視終了後に再生や保存を行えますので,タイミングを逃さず任意範囲の透視画像の確認・保存ができ,X線照射を繰り返すことなく動態観察できるため,嚥下や関節の検査に有効です。

 

特長<3>
高画質な画像と静かな検査環境を提供
液体金属ベアリングX線管装置(LM管)を組み合せ,管電流100mAのパルス透視による高画質の透視画像と,0.3mmの小焦点撮影による高精細の撮影画像を実現します。また,アノード回転による騒音が大幅に低減し,静かな検査環境を提供いたします。

 

特長<4>
デスクトップタイプの遠隔操作卓
従来の埋め込み式操作卓から机の上に置いて使用するデスクトップタイプ操作卓を採用いたしました。これによりレイアウトの自由度を広げるとともに,タッチパネル式カラーLCDによるグラフィカルなアイコン表示など,直感的な操作を実現しました。

 

特長<5>
被検者へのアプローチが容易
天板の左右両側にワーキングスペースを確保して,内視鏡検査,超音波検査,カテーテル検査などでの使いやすさを向上しました。

・透視撮影台
・X線高電圧装置(80kW)
・グリッド制御ユニット
・トリプル焦点制御ユニット
・医用X線管装置(グリッド管)
・X線平面検出器(17インチ×17インチ角)
・X線可動絞り(軟線除去フィルタ・補償フィルタ付)
・遠隔操作器(ハイコンタイプ)
・遠隔操作器用フットスイッチ
・画像処理装置
・SNRFキット
・透視デジタル補償フィルタキット
・DICOM Storage
・DICOM Print
・システムモニタ
・透視モニタ
・近接操作器(ハイコンタイプ)
・近接操作卓用キーパッド
・ロングハンドグリップ
・圧迫筒(アンダーチューブ/オーバーチューブ両用)
・バリウムカップホルダ
・天板マット
・フットレスト
・ショルダレスト
・サブデスク

・Cアームによる映像系ワイドカバレッジ
・長手映像カバレッジ 163cm 左右動 48cm 
・CアームはRAO90°/LAO41°,CRA 45°/CAU 45°
・寝台起倒 立位 約89°~水平位 約0°~逆傾斜 約-89°
・被検者にやさしい乗降天板高52cm 
・低拡大率を実現するFPDトラッキング機構
・大視野FPD(17インチ×17インチ角)

 
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
栃木県大田原市下石上1385番地
TEL 0287-26-5100
https://jp.medical.canon
担当部署:広報室


製品ラインナップ

X線TVシステム デジタル(FPD)

ZEXIRA FPD1717

ZEXIRA FPD1717

X線TVシステム デジタル(FPD)

ZEXIRA FPD1314

ZEXIRA FPD1314

X線TVシステム デジタル(FPD)

Raffine-i

Raffine™ -i

X線TVシステム デジタル(I.I.)

PlessartZERO

PlessartZERO

X線TVシステム/X線多目的 デジタル(FPD)

Ultimax-i

Ultimax-i
TOP