月刊インナービジョン2021年5月号

2021年5月号

月刊インナービジョン2021年5月号

Vol.36 No.5

2021年4月25日発行

  • Precision Medicine時代のCardiac Imaging 2021 【後編:MRI/ 超音波診断装置/IT】
  • 磁遊空間Vol.39

本体価格 2,273円(税別)(税込価格2,500円)

特集
Precision Medicine時代のCardiac Imaging 2021
技術革新が切り開く循環器画像診断の未来
【後編:MRI/超音波診断装置/IT】
企画協力:福田哲也( 国立研究開発法人国立循環器病研究センター放射線部部長)

V MRI:循環器領域における臨床の最前線と技術の到達点

1.MRIの技術革新が広げる循環器画像診断の可能性

1)Feature tracking法による心筋ストレイン解析の実際
上出浩之(横浜市立大学附属市民総合医療センター)

2)大動脈MRIにおける機能評価と将来展望
櫻井康雄(名古屋大学医学部附属病院)

3)最新ワークステーションを用いた心機能解析の実際
相川忠夫(北海道循環器病院)

4)心臓MRI向け最新装置の使用経験と可能性
水野直和(榊原記念病院)

5)心臓領域における新しいルーチンシーケンスの臨床的有用性
─T1マップ,T2マップ,4D Flow MRIなどについて
常田慧徳(北海道大学)真鍋徳子(自治医科大学附属さいたま医療センター)

6)最新技術を用いた心臓MRI検査の将来展望
折居 誠(岩手医科大学)

7)最新アプリケーションを用いた4D Flow MRIの実際
佐野ひろみ(華岡青洲記念病院)

2.循環器領域におけるMRIの技術の到達点
キヤノンメディカルシステムズ/GEヘルスケア・ジャパン/シーメンスヘルスケア
フィリップス・ジャパン/フォトロンM&Eソリューションズ

VI 超音波診断装置:循環器領域における臨床の最前線と技術の到達点

1.超音波診断装置の技術革新が広げる循環器画像診断の可能性

1)Onco-cardiologyにおける心臓超音波検査の役割と今後の展望
田中秀和(神戸大学)

2)心臓超音波検査による肺高血圧症の評価
楠瀬賢也(徳島大学)

3)成人先天性心疾患に対する心臓超音波検査の実際
杜 徳尚(岡山大学)

4)心臓超音波検査における最新技術を用いた血流解析の有用性と将来展望
鍵山暢之(順天堂大学)

2.循環器領域における超音波診断装置の技術の到達点
キヤノンメディカルシステムズ/日立製作所/フィリップス・ジャパン

VII IT:循環器領域における臨床の最前線と技術の到達点

1.ITの技術革新が広げる循環器画像診断の可能性

1)遠隔デバイスモニタリングの有用性と将来展望
若宮輝宜(国立循環器病研究センター)

2)遠隔心臓リハビリテーションの実際と今後の展望
三浦弘之(国立循環器病研究センター)

3)最新ワークステーションを用いた心臓CT-MRI fusionの可能性
井手盛子(大阪大学)

4)循環器診療における動画ネットワークシステムの有用性
山下雅敏(札幌心臓血管クリニック)

5)最新解析アプリケーションを用いたCTでの心筋症評価
太田靖利(国立循環器病研究センター)

2.循環器領域におけるITの技術の到達点
キヤノンメディカルシステムズ/ザイオソフト/フィリップス・ジャパン
フォトロンM&Eソリューションズ/富士フイルムメディカル

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

◆別冊付録「磁遊空間Vol.39」

TOP