月刊インナービジョン2020年5月号

2020年5月号

月刊インナービジョン2020年5月号

Vol.35 No.5

2020年4月25日発行

  • Precision Medicine時代のAbdominal Imaging 2020 先人たちの足跡と未来への道【後編:CT/X-ray/核医学/WS】
  • Advanced Imaging Seminar 2020

本体価格 2,273円(税別)(税込価格2,500円)

特 集
Precision Medicine時代のAbdominal Imaging 2020
先人たちの足跡と未来への道
【後編:CT/X-ray/核医学/WS】
企画協力:藤永康成(信州大学医学部画像医学教室教授)

Ⅳ CT:腹部領域における技術の到達点と臨床の最前線

1.CTの技術進歩で変わる臨床の今と未来

 1)腹部造影CTの技術動向と最新トピックス
 山田 哲(信州大学)

 2)腹部領域におけるMDCTおよびDual Energy CTの技術進歩と将来展望
 五島 聡(浜松医科大学)

 3)スペクトラル検出器CTの腹部領域における臨床的有用性
 永山泰教(熊本大学)

 4)CTにおける被ばく低減技術の動向:低線量と高画質の両立をめざして
 前田恵理子(東京大学)

 5)CTによる肝脂肪定量・肝線維化推定の実際と今後の展望
 山口 尊 ほか(神戸大学)

 6)Fast kV switching dual-energy CTとDeep Learning画像再構成の上腹部領域での臨床応用
 米田憲秀/蒲田敏文(金沢大学)

2.腹部領域におけるCT技術の最新動向

Ⅴ X-ray:腹部領域における技術の到達点と臨床の最前線

1.X-rayの技術進歩で変わる臨床の今と未来

 1)腹部IVRの最新動向─TACEを中心に
 宮山士朗(福井県済生会病院)

 2)一般撮影装置の腹部領域における使用経験
 宮田勝功(滋賀医科大学医学部附属病院)

 3)腹部領域におけるFPDの有用性
 瀬﨑英典(獨協医科大学病院)

2.腹部領域におけるX-ray技術の最新動向

Ⅵ 核医学:腹部領域における技術の到達点と臨床の最前線

1.核医学の技術進歩で変わる臨床の今と未来

 1)腹部領域における新たな技術・トレーサーおよび今後の展望
 市川泰崇(三重大学)

 2)腹部疾患におけるFDG-PETのピットフォールとその対策
 片山大輔ほか(大阪大学)

 3)腹部疾患におけるフルデジタルPET/CTの使用経験
 平田健司(北海道大学)

 4)デバイスレス呼吸同期機能搭載の半導体PET/CTの使用経験および有用性
 石山光富ほか(がん研究会有明病院)

2.腹部領域における核医学技術の最新動向

Ⅶ WS:腹部領域における技術の到達点と臨床の最前線

1.WSの技術進歩で変わる臨床の今と未来

 1)ワークステーションを用いた大腸がん術前支援画像
 力石耕介(聖マリアンナ医科大学病院)

 2)3Dワークステーションを用いた腹部IVR画像支援
 正田哲也(奈良県立医科大学)

2.腹部領域におけるWS技術の最新動向

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

◆別冊付録「Advanced Imaging Seminar 2020」

TOP